太陽光発電、オール電化、断熱塗料ガイナならココ!茨城県つくば市の環境エネルギー計画

Entries

スポンサーサイト

EU 住宅 「CO2ゼロ」 義務付け

09.11.29 日本経済新聞 2021年以降の新築 オフィスも対象欧州連合(EU)は2021年以降に新築する住宅やオフィスビルなどについて原則として、二酸化炭素(CO2)を実質的に排出しない「エコ建築物」とするよう義務付ける規則を導入する。太陽光発電や地熱発電の買うよう、高い断熱性能を備えるよう求める。建築物はEU域内のCO2排出量の約4割を占め、抜本策が不可欠を判断した。エコ建築物は屋上に太陽光...

太陽電池、米市場に照準

09.11.12 日本経済新聞(夕) 三洋や独大手が新工場 発電所需要狙う世界の太陽電池大手が米国市場の開拓を本格化する。再生可能エネルギー普及を後押しするオバマ政権「グリーン・ニューディール」政策で発電所向け需要が拡大する見込みのためで、各社は工場建設や営業拠点の拡充など投資を加速する。日本勢では、三洋電機がオレゴン州セーラム市で太陽電池の材料に使うシリコンウエハー工場を稼動させました。オバマ政...

太陽光や風力、2020年目標 中国、再生エネルギー13倍

09.8.5 日本経済新聞 電力の12%、60兆円投資中国政府は地球温暖化対策を強化する。2020年末までに太陽光など再生可能エネルギーの発電能力を08年末の13倍に引き上げ、総電力能力に占める比率を08年末の1.9%から12.5%に高める方向で検討を始めた。欧米並みの再生可能エネルギーの発電比率を目指し、新興国としても温暖化対策を進める姿勢を強調。従来の計画である約6000万kwから3倍以上の上方...

米欧で家庭菜園ブーム オバマ婦人が人気後押し

09.7.7 日本経済新聞(夕) 食の安全・節約志向高まる米欧で野菜や果物を自分で育てる家庭菜園の人気が高まっている。食の安全性を重視する傾向に加え、金融危機の影響で食費を削減しようちう動きが広がっているためだ。オバマ婦人がホワイトハウス内に家庭菜園をつくったことも人気を後押ししている。米国の種子販売大手W.アートリーバーピーによると、1~3月期の野菜の種子や苗の販売が、前年同期比で30%増加している...

自動車を家庭の蓄電池に

09.7.3 日本経済新聞 デンマーク実験で商機 日産・ルノー、供給狙う北欧の小国デンマーク。バルト海に浮かぶ人口5万人弱のボーンホルム島で今年3月、革新的な実験が始まった。スマートグリッド(次世代送電網)につないだ電気自動車の蓄電池に、風力発電で作った電力をためる。各家庭の車庫に止まった電気自動車を蓄電装置に見立てる試みだ。デンマーク政府は、08年に180%の自動車取得税を電気自動車に限ってゼロ...

太陽光発電 中東最大の施設 電力供給 開始へ

09.6.1 日本経済新聞(夕) UAE・アブダビアラブ首長国連邦(UAE)アブダビの政府系機関、アブダビ未来エネルギー公社(通称マスダール)は31日、同社が建設を進めてきた中東最大の太陽光発電施設が電力網に接続され、電力供給を開始すると発表した。発電施設の出力は10メガワットで、年間約15000トンのCO2の排出を削減できるそうです。産油国も、「ポスト石油」を見据えた次世代エネルギーの活用拡大に、...

環境エネルギー産業育成 台湾、5年で1300億円

09.4.24 日本経済新聞 太陽光発電、LEDなど台湾の経済部(経済産業省)は23日、太陽光発電、発光ダイオード(LED)を軸とする環境エネルギー関連産業の育成のため、今後5年で450億台湾ドル(約1300億円)を投じると発表した。日本同様、太陽光発電を導入する消費者への補助なども検討されるそうです。...

景気対策 EU、環境に重点

09.2.2 日本経済新聞(夕) 電気自動車開発など、まず8,000億円、企業助成欧州連合(EU)は総額2,000億ユーロ(約23兆円)規模の景気対策を、温暖化対策や省エネルギー分野に重点配分する計画だ。環境対応の自動車や風力・太陽光発電の普及をEUの低利融資で支援するほか、加盟国には省エネ型の家電製品やオフィスビルを対象とする税制優遇を求める。また、化石燃料の利用を抑えるため、風力や太陽光といった再生...

環境・エネルギー 新しい成長の要に育成

09.1.24 日本経済新聞 オバマ政権 陣容と政策オバマ新大統領の就任演説から。「我々のエネルギーの消費の仕方は敵を強化し、地球を脅かしていることが、日を追うごとに鮮明になっている」「太陽、風、大地を使い自動車を動かし、工場を稼動させる」オバマ大統領は就任演説で、風力と太陽光など新エネルギー開発の重要性を強調。石油依存型社会からの脱却をはかると同時に、競争力を失いつつある旧来型産業に代わる新しい...

オバマ新政権 環境、成長への活路に

09.1.21 日本経済新聞 政府主導、雇用に期待オバマ政権が誕生しました。■新エネルギー2倍に「再生可能エネルギーの生産を3年間で2倍にする」。就任式を目前に控えた16日、オハイオ州を訪れたオバマ氏は、風力発電用の部品を製造する中小企業を視察。従業員らを前に、環境分野への投資で雇用を生み出す「グリーン・ニューディール」構想を明確に打ち出した。オバマ氏が環境政策を新成長戦略の柱に据えるのは風力発電...

オバマ氏の景気対策 再生可能エネルギーへの投資で46万人雇用創出

09.1.11 日本経済新聞 オバマ氏の景気対策 GDP3.7%押し上げオバマ次期米大統領は10日、週末恒例のラジオとインターネットを通じた演説で、先に骨格を示した景気対策の経済効果を公表した。政権発足から約2年後の2010年10-12月時点で、景気対策を実施しない場合に比べて実質国内総生産(GDP)を3.7%押し上げるを試算。367万5千人の雇用増になると予測した。中でも、太陽光など石油に代わる再...

韓国版「緑のニューディール」

09.1.7 日本経済新聞 「韓国版 『緑のニューディール』 3.5兆円規模 96万人雇用創出米国につづき、韓国でも「緑のニューディール」です。韓国政府は6日、景気浮上を狙った総額50兆ウォン(約3.5兆円)規模の環境対策「緑のニューディール」を策定した。4大河川周辺を整備する土木工事のほか、エコカーの普及や太陽熱などの再生可能エネルギーの開発を推進。政府は2012年までの4年間で96万人の雇用創出...

太陽光発電、米に商機

09.1.3 日本経済新聞 『太陽光発電、米に商機』米国次期大統領のオバマ氏は、以下を公約しています。・再生可能なエネルギー開発へ10年間で1,500億ドルの投資・就任から2年で300万人の雇用の創出この雇用創出では、太陽光発電で数十万人の雇用が見込まれています。1930年代、ルーズベルト大統領は世界恐慌克服のためにニューディール政策を打ち出した。オバマ氏は「緑のニューディール」で雇用と市場を生み...

Appendix

環境エネルギー計画

環境エネルギー計画

太陽光発電、オール電化ならココ!
驚異の断熱塗料ガイナも、取扱い★
環境エネルギー計画サイトは>>>
 茨城県つくば市吾妻3-10-5 RSS
 フリーダイヤル:0120-321-835


  【サポートエリア:関東近県】

  

最新記事

BlogRanking

にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
家電
ポチっと、応援よろしくお願いします!

QRコード

QR

カレンダー


03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

これまでの記事

2012年 07月 【1件】
2011年 11月 【1件】
2011年 09月 【2件】
2011年 07月 【1件】
2011年 06月 【3件】
2011年 05月 【1件】
2011年 03月 【3件】
2011年 02月 【2件】
2011年 01月 【3件】
2010年 11月 【3件】
2010年 10月 【2件】
2010年 09月 【1件】
2010年 08月 【5件】
2010年 07月 【3件】
2010年 06月 【3件】
2010年 05月 【2件】
2010年 04月 【4件】
2010年 03月 【1件】
2010年 02月 【2件】
2010年 01月 【10件】
2009年 12月 【4件】
2009年 11月 【9件】
2009年 10月 【7件】
2009年 09月 【7件】
2009年 08月 【16件】
2009年 07月 【17件】
2009年 06月 【21件】
2009年 05月 【7件】
2009年 04月 【14件】
2009年 03月 【25件】
2009年 02月 【32件】
2009年 01月 【39件】

検索フォーム

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。